取組内容

(1)平日

平日は、生活習慣を身に着けることに重点を置き、当事業所施設内で過ごします。学校で勉強や運動をして疲れて帰ってくる子供たちを、安心感のある安定した雰囲気で迎え入れ、ゆったりと過ごしてもらうことを軸に、当日来る子供の顔ぶれを考慮しつつ、当日の子供1人1人の体調を見た上で、1日の過ごし方を決めています。年齢の異なる子供たちと場や体験を共有することは、他者との距離の取り方、コミュニケーション力を身に着けるきっかけにもなります。

過ごし方は1人1人異なります。宿題がある子はまず宿題を済ませ、残りの時間は、ボードゲーム、ボール遊び、卓球、ピアノ、おやつ作りなど、各々が好きなように過ごします。宿題がない子は、天気が良ければ大和川の河川敷に行ったり、散歩したりする他、屋内で遊ぶこともあります。

(2)休日

学校が休みの日は、普段はできない様々な経験・体験をしてもらえるよう、様々なメニューを用意しています。屋外では山登り、公園、動物園、夏であれば、プール、川など、屋内では工作、工芸体験、クッキングなど、季節や天候、状況に応じた様々なイベントを計画して実行しています。
このような経験の中で、それまで出来なかったことが出来るようになれば、子供たちの自信につながり、世界も広がっていきます。